口腔外科

親知らずの抜歯などもお任せください

口腔外科は虫歯などの治療ではなく、口腔内やその周囲の症状に対して外科処置を行います。

具体的には、親知らずの抜歯などの治療を行っております。

親知らずについて

一般的に大人(17~30歳)なってから奥歯のさらに奥に生える歯を親知らずと呼びます。親知らずは、大きな神経と血管が近くにあるため、歯の状態を見極めた上で治療方法を決定する必要があります。

痛みや腫れがない状態で他の歯に影響がないのであれば、親知らずを抜かずに様子を見ることをお勧め致します。しかし、斜めに生えていたり、歯茎に埋没してしまっていたりして隣の歯に悪影響を与える場合は、抜歯することをお勧め致します。

多くの生え方

  • 正しく生えている

    正しく生えている

  • 斜めに生えて一部が埋まっている

    斜めに生えて
    一部が埋まっている

  • 完全に骨の中に埋まっている

    完全に骨の中に埋まっている

  • レントゲン01
  • レントゲン02

必要に応じて親知らずを抜いたほうがいい理由

親知らずイメージ図
  • 歯茎が晴れる
  • 細菌感染
  • 奥なので磨きにくく不衛生
  • 手前の歯を虫歯にしてしまう
  • 口臭の原因にも
  • 喉や顎の痛み

抜くと腫れるの?

あごのイメージ図

生え方や神経との位置関係によってはどうしても腫れが生じやすい場合があります。
その際は適切にお薬を処方しますので安心してください。

ページトップへ戻る