入れ歯・義歯について

入れ歯・義歯イメージ

入れ歯・義歯は歯の破折や虫歯、歯周病などによって失われてしまった歯を人工の歯で補う治療法です。
特に入れ歯・義歯は見た目や咬み心地が良く、装着感は個人差はありますが日常生活に支障が出ず使用することができます。
入れ歯を使用される方は少なくなく、体を助けるために重要な役割を果たします。

入れ歯・義歯 保険治療と自費治療の違い

  • 保険
    • 作製や修理が比較的簡単
    • 見た目が多少不自然
    • 噛み心地や装着感が自費診療の入れ歯に比べると劣る
    • 食べ物の温度が伝わりにくい
  • 自費
    • 軽く薄く作れるので装着感をよくすることができる
    • 自然な見た目にすることが可能
    • 噛み心地のよい入れ歯をつくれる
    • 金属床の入れ歯なら食べ物の温度が伝わりやすい

すみのえ駅前歯科での取り扱い入れ歯

  • レジン床義歯(保険診療)
  • 金属床義歯(自費診療)
  • インプラント義歯(自費診療)

入れ歯の種類と費用について

レジン床義歯(保険適用 5,000円~15,000円)

レジン床の入れ歯

保険診療適用の入れ歯です。強度を保つために床が厚くなっているため、食べ物の温度が伝わりにくく、また装着時に違和感を感じられます。

金属床義歯(自費 25~30万円)

金属床の入れ歯

床部分が金属でできた自費の入れ歯です。金属を使用することで薄く仕上げることがでるので、口腔内のスペースを広く保つことができ、装着した際の感触が優れています。また、熱伝導率も高い素材で作られているので、食べ物の温度が金属を通して伝わりやすく、食事をおいしく食べられます。

インプラント義歯(自費 70万円~)

金属床の入れ歯

インプラント義歯(オーバーデンチャー)とは、全ての歯を失った場合に受けられる治療法です。
顎の骨にインプラントで使用するフィクスチャーを2本から3本固定し、入れ歯をフィクスチャーで支えます。これにより粘着だけで支える入れ歯と違い、インプラントで使用するフィクスチャーで支えることで噛むときに支障がなく過ごすことが可能になります。

インプラント義歯の特長

  • 入れ歯を安定させられる入れ歯に固定する装置を取り付けるため、歯茎に乗せるだけの入れ歯と違いしっかり固定することができる。
  • 広い範囲を補うことができるインプラント治療は1本1本固定させますが、この装置は数本の支えで広い範囲の歯を補うことが可能です。
  • 取り外しが可能タイプにもよりますが、ボールタイプやマグネットタイプであれば、簡単に取り外すことが可能で、メンテナンスも簡単です。
ページトップへ戻る