矯正歯科について

矯正歯科と聞くと、金属製のワイヤーを歯に取り付け歯並びを良くするイメージを持たれる方が多いと思います。

特に、友達と話したり、笑ったりすると日常生活の中で金属の装置が見えてしまい、嫌な気持ちになったり恥ずかしい思いをした経験もあるかもしれません。 しかし、最近では、一部の部分矯正を行うことが出来たり、笑ったりしても金属が見えないように透明なブラケットや裏側で矯正する技術もあります。

当院では、矯正治療の中でも、「目立たない矯正治療」に力を入れています。歯に透明なブラケットの装置を付ける「アソアライナー」など種類は様々です。

今まで見えるから嫌だ、恥ずかしいなどのお悩みを抱えていた患者様のためによりよいプランをご提供致します。

成人の矯正

大人の歯列矯正

成人の矯正はキレイな歯並びや機能的な噛み合わせだけでなく、虫歯や歯周病のリスクを抑える目的で治療を行っています。
一般的には子供の時期に顎の位置を調節したり、永久歯に生え変わるタイミングで整える矯正治療が一般的です。

しかし、成人になってからでも遅くはありません。
子供の頃に治しておけばよかった歯のコンプレックスや外見的な見栄えを気になる方は当院までお越しください。

成人になって歯列矯正を受けるメリット

  • コンプレックスの解消歯並びが良くなることで、子供の頃に嫌な思いや悩まされたコンプレックスが解消されます。
  • 咬みやすくなる食べ残しが発生したり、歯と歯の間が詰まって虫歯や歯周病になったりする危険性を軽減します。
  • 虫歯や歯周病を防ぐ歯が重なり合わなかった箇所の汚れや磨き残しが原因で、虫歯や歯周病になるリスクを軽減します。

成人の矯正の種類

アソアライナー
透明で目立ちにくい矯正

アソアライナーは、透明で薄く見えにくい素材で作られたマウスピースです。
アソアライナーは他の矯正治療と違い、食事、外したい時に取り外しが可能です。そのため患者様にご負担は増えますが、取り外しが可能な分、歯磨きを行い磨き残しやマウスピースが汚れる心配もありません。虫歯治療などの一般的な治療や、歯のクリーニング、ホワイトニングをしながら矯正治療を受けることが可能です。

アソアライナーで改善する主な歯並び
  • ●上の歯が下の歯より前に押し出している(上顎前突)
  • ●歯が重なりあってるように生えている(八重歯・乱杭歯)
  • ●上下の歯が咬みあわない(開咬)
  • ●下の歯が上の歯より前に押し出している(下顎前突)
アソアライナーの特徴
  • 透明な矯正『透明で見えない』透明な厚さ0.75㎜のマウスピースで目立つこともなく、周囲に気づかれずに矯正治療ができます。
  • 取り外し可能『食べたいものが食べられる』取り外しが可能なため、従来型の矯正装置に絡みつくような物や、装置が外れてしまうような物も気にせずに食べられます。
  • 薄いから違和感が少ない『口の中の異物感が少ない』厚さ0.75㎜のクリアタイプであるため、ワイヤーを装着するよりも異物感が少ない。
  • 費用を安く抑えられる『部分的な矯正がおこないやすい』動かしたい歯のみに適切な力を加えられ、部分的な矯正であるため、費用も抑えられます。
ブラケット矯正治療
ワイヤー矯正

当院ではブラケット矯正治療において、TIP EDGE SYSYTEMを採用しています。
TIP EDGE SYSYTEMの特徴としては、以下のようなことが挙げられます。

  • 治療期間が短い。
  • 固定源(矯正力に対する抵抗源)の消費が少ないので、加強固定装置が不要。
  • 隣在歯への反作用がない。
  • 抜歯治療が今までより少なくてすむ。
  • 徐々に力が加わるシステムなので、痛みを感じることが少ない。
ブラケット矯正(TIP EDGE SYSYTEMの)のメリット
  • ブラケット(ワイヤーを取り付けるための金具)を歯に貼り付けて行うため、24時間自然に歯が動いていくので、歯の移動が早い。
  • 全て永久歯に生え変わってから治療を開始するため、矯正期間の目安がつきやすい。(約2~3年程度)
ワイヤー矯正のデメリット
  • 装置が24時間口腔内に装着されているため、最初のうちは違和感が強い。
  • 汚れがたまりやすく、より徹底した歯磨きが必要です。矯正用の歯磨き法を御説明いたします。
  • メタル(金属)ブラケット(歯にワイヤーを固定する装置)の場合、装置がやや目立つ。
  • 歯列あるいは顎を拡大する効果はないため、歯を並べるスペースを獲得する手段として、永久歯の抜歯が必要になるケースがある。
部分矯正

部分矯正は、歯全体の矯正ではなく、前歯、奥歯などの1部の並びを矯正しキレイにすることを指します。
一般的には全部の歯を矯正することをおすすめしますが、1本の歯が傾いてしまって気になっている方などにおすすめです。

部分矯正のメリット
  • 気になる部分だけ矯正することができる
  • 全体矯正よりも値段が安く済む
  • 全体矯正よりも期間が短い
  • 他の歯を削ることなく治療できる

子供の矯正

小児の歯列矯正のご相談はお気軽に。

子供の矯正は、顎の骨が発育する時期よりも前に矯正する治療になります。大人になると顎の骨が成長しきってしまい、歯の移動のみの矯正になってしまいます。
そのため子供の頃から矯正を行い、顎の骨を調節しながら矯正治療を行う方が良いとされています。

子供の頃に歯列矯正を受けるメリット

  • 見た目の解消子供の頃から歯並びを整えると笑うことを我慢せず、自然と元気で明るく笑えるようになります。
  • 虫歯や歯周病のリスクを軽減歯並びを矯正することで、磨き残しなどが少なくなり、虫歯や歯周病のリスクが軽減されます。
  • 顎の成長を整えることが出来る顎の成長とともに歯の矯正を行うことができるため、上下のバランスが整いやすくなります。

子供の矯正の種類

プレオルソ

プレオルソは、小児4~9歳の歯並びを改善するためにマウスピース装置を使用します。
この装置は、歯を直接移動させるものではなく歯並びが悪い原因である口の筋肉を改善する目的で使用していきます。
筋肉を鍛えることにより自然と正しい位置に並んでいきます。

プレオルソのメリット
  • 柔らかい素材で出来ているため子供に優しい
  • 取り外しが可能
  • 前歯の歯並びが改善しやすい
  • 発音や口呼吸が改善
  • 子供の歯並びに合わせて調整できる
  • 既製品のため歯型を取る必要性がない
  • 舌のトレーニングができます
  • 顎の成長もコントロールできる
プレオルソの注意点

一般的に4歳~9歳の子供にはプレオルソを使用することが多くなってきています。
しかし、機能矯正が主な治療なため、歯並びがとても悪い子どもの場合は床装置やブラケット矯正が必要です。

  • 機能矯正という治療なので、日常の姿勢、食事、口の体操など訓練が必要
  • 審美的にもっと綺麗にしたい場合ブラケット矯正が必要
  • 噛み合わせの深い受け口、極端な重なりなどがある場合、床装置などの治療が必要な場合があります。
ページトップへ戻る